金田一耕助 VS 明智小五郎

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

録画してまだちゃんと見ていませんが、他にラベルを作っている方がいないので作ってみました。
主役、準主役の3人バージョンと山P単独バージョンの2種類を用意しました。

一般向け

金田一耕助 BDラベル
金田一耕助 DVDラベル

山Pファン?向け

山下智久 BDラベル
山下智久 DVDラベル

番組紹介

若かりし金田一耕助 VS 精悍な明智小五郎が事件に挑む。
鍵を握る美少女とは一体何者なのか。

 祖トキ屋拘蛟龍堂と本家トキ屋拘蛟龍堂は長年いがみ合ってきた歴史を持つ薬問屋。もともとは鴇屋万右衛門が一代で起こした薬問屋で、越歴丸という薬を開発、病に倒れた後は二人の愛弟子に調合法を伝授した。愛弟子は犬猿の仲だったため、憎み合った末に本家と元祖という二つのトキ屋拘蛟龍堂が生まれてしまったのだった。
 ついにある日事件が起きる。本家の長男喜一郎がある日元祖の若旦那、長彦のもとに殴り込みもみ合いの末、長彦に劇薬をかけて失踪してしまうという事件が起きる。
 その二年の後。東京、下町。金田一耕助は事件を一つ解決し新聞にも初めて取り上げられたものの、家賃も滞らせてしまうほどまだまだ駆け出しの探偵。そんな活動を始めたばかり金田一のもとにこれ以上ない依頼が舞い込み、早速依頼者の元に走る金田一。場所は大阪。向かったのは本家トキ屋拘蛟龍堂。依頼者は、トキ屋拘蛟龍堂の長女、喜一郎の妹、初恵(武井咲)だった。その美しさに息をのむ金田一。初恵は最近何者かに尾行されているというのだった…。が、まだまだこの時はこの先に待ち受けている世にも残忍かつ冷酷、そして巧妙なトリックの上にトリックが潜む事件だとは金田一も知るよしもなかったのだった…。
 そのころ、新聞で金田一耕助が偶然現場にいたことにより事件解決という記事を読んでいる明智小五郎の姿が。金田一に興味を持った明智は早速金田一の元を、身分を隠して訪れるのだった。