中島みゆきコンサートツアー2007 歌旅 (劇場版)

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

中島みゆきは表情が豊かで何パターンでもラベルが出来そうな感じでしたが、とりあえずこの1パターンで!
失礼ながら、この年齢でアップに耐えられるのは凄いと思う。

中島みゆき LIVE BDラベル
中島みゆき LIVE DVDラベル

番組紹介

映画になった中島みゆきの2007年のツアーを5.1chサラウンドで放送する。「地上の星」「ファイト!」などヒット曲を網羅した伝説のライブは必見。

1975年「アザミ嬢のララバイ」でデビュー。同年「時代」で世界歌謡祭グランプリ受賞。CD、ビデオ、コンサート、夜会、ラジオパーソナリティ、TV・映画のテーマソング楽曲提供、小説・詩集・エッセイ等の執筆と幅広く活動を続ける歌手、中島みゆき。日本において70年代、80年代、90年代、00年代と、4世代でチャート1位に輝いた唯一のアーティストであり、「地上の星」ではオリコンシングルチャートTOP100に183週チャートインするという偉大な記録を持っている。
そんな中島みゆきがついにWOWOWに登場する。今回放送されるのは、2007年に全32公演、約10万人を動員した、「歌旅 -中島みゆきコンサートツアー2007-」を映像として収録したものを劇場公開用に編集したもので、各界で絶賛された。
同じく、中島みゆきがライフワークとして開催している、一度も聞いたことのない新曲を聞く観客に、どのくらい歌詞の意味が伝わるか、という“言葉の実験劇場”と位置づけられる中島みゆき独自の、コンサートでもない、演劇でもない、ミュージカルでもない舞台「夜会」は、そのほとんどが映像化されているが、彼女自身が「ツアーは一期一会だから」と語るようにコンサートツアーは「生もの」であることから彼女のコンサート映像は極めて少なく、通常のコンサートツアーを記録したライブ映像は、この「歌旅」が唯一のものである。
そんな貴重な映像が、ついにWOWOWで放送される。歌を聴くだけでなく、彼女の一つ一つの動きや表情、そしてステージ上の彼女とそれを包む観客・会場の全てが重なり合って生まれる“つながり”を感じることのできる、まさに中島みゆきの「歌のドラマ」を存分にご堪能いただきたい。