恋 (小池真理子原作・TBS)

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

あまり人気は無さそうですが、3種類もラベルを作ってしまいました。

小池真理子 TBS 恋 BDラベル
小池真理子 TBS 恋 DVDラベル

石原さとみ BDラベル
石原さとみ DVDラベル

石原さとみ 井浦新 田中麗奈 BDラベル
石原さとみ 井浦新 田中麗奈 DVDラベル

ラベル製作時間:2時間

今回は枠がない方がバランスが良いので、久しぶりに枠なしを作りました。
最初は1種類だけでしたが、折角キャプチャーしたので、2種類追加しました。

番組紹介

小池真理子の最高傑作と評される直木賞受賞作が、この冬に石原さとみ主演でドラマ化

1972年(昭和47年)2月28日。軽井沢で起こった連合赤軍浅間山荘事件に、日本人の目が釘付けになっていたあの日、事件現場からさほど離れていない静かな別荘地で、もう一つの殺人事件が起こっていた。加害者は22歳の女子大生、矢野布美子(石原さとみ)。
被害者は、地元の電機屋のアルバイト青年と大学の助教授。電気屋の青年は射殺され、助教授は下半身不随の重傷を負った。事件現場には助教授の妻も居合わせたが、まるで貝のように固く口を閉ざして何も語らない。
ごく普通の女子大生であった布美子は、英文学翻訳のアルバイトで出会った大学助教授の片瀬信太郎(井浦新)と妻・雛子(田中麗奈)と倒錯した“恋”に落ちる。やがて、その恋はひとりの青年・大久保勝也(斎藤工)の出現によって急速に崩壊していったのだった。そして、布美子は事件の動機を一切語ることなく、全ての罪を受け入れた。彼女には、何よりも守るべき“ある秘密”があったのだ。
浅間山荘事件の陰で、社会欄の片隅に小さく取り上げられたこの事件は、痴情のもつれが原因の衝動殺人として処理され、やがて人々の記憶から消えていった。しかし、事件から40年以上たった2013年、偶然この事件に興味を持ったルポライター鳥飼三津彦(渡部篤郎)は、矢野布美子を探し真相を探ろうとするが、長い服役を終え年老いた布美子(原田美枝子)は末期ガンを患っていた。死を目前にした布美子は、ついに心の奥へと隠していた秘密を告白。事件の背後に隠された運命的な悲劇と葛藤が、徐々に明らかになっていく……。