オリンピックの身代金 ~1964年・夏~

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

キャストを見るだけでテレ朝の気合いの入り方が分かります。
ラベルを作る際に、誰をカットして良いか分からないくらい有名な俳優陣だったので、結局、発表されているキャスト全員を載せました。

オリンピックの身代金 BDラベル
オリンピックの身代金 DVDラベル

ラベル製作時間:2時間

HP画像が素晴らしかったので、画質を損なわないようになるべく丁寧に修正しました。

番組紹介

1964年の東京オリンピックを舞台にした傑作サスペンスが遂にドラマ化!
奥田英朗のエンターテイメント小説が、竹野内 豊主演で初の映像化!

1964年夏、東京オリンピックを成功に導こうとする警視庁の刑事たちの活躍を描く傑作サスペンスが、昭和30年代の懐かしい風景や人物たちと共に、圧倒的なスケールと多彩な登場人物たちによって、ついに映像化される!
 昭和39年、敗戦からの経済的復興を国際社会に示す国家の一大イベント『東京オリンピック』の開催を目前に控え、熱狂に包まれる東京。そんな中、警察幹部宅や外務省などを狙った事件が発生し、一通の脅迫状が警視庁に届く。一体誰が、何のために…!? 敗戦国から一等国に駆け上がろうとする国家の名誉、警察の威信をかけた極秘大捜査の末に浮かび上がったのは、名もなき一人の学生だった――。
この秋、テレビ朝日では『開局55周年記念二夜連続ドラマスペシャル』として、直木賞作家・奥田英朗の傑作サスペンス『オリンピックの身代金』を、竹野内 豊主演で初のドラマ化!
“昭和30年代の日本の輝かしい高度経済成長の陰で苦しむ人々と、国家の対決”を圧倒的スケールと緻密なディテールをもって描く本作を二夜連続で放送する。
撮影では、昭和30年代の街や人々の暮らしぶりを再現するために北九州など国内数十ヶ所、そして韓国の撮影所でもロケを敢行し、リアルな映像を徹底追求。物語と映像の両面で、視聴者を東京オリンピックが開催された時代にグッと惹き込むドラマ版『オリンピックの身代金』が、ここに誕生した!