水球ヤンキース

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

ホームページ画像もイイ感じではありますが、今回は画質重視で違ったバージョンのラベルを作りました。配置の都合で主演の中島裕翔くんの身体に穴が開いてしまいますがご勘弁を!
ラベルを作っていないドラマがもう少しありますが、今回はそろそろ打ち止めにしようと思っています。

水球ヤンキース Blu-ray BDラベル Hey! Say! JUMP
水球ヤンキース DVDラベル Hey! Say! JUMP

番組紹介

日本で初となる水球をモチーフとした青春群像ストーリー!

中島裕翔(Hey! Say! JUMP)演じる主人公の稲葉尚弥(いなばなおや)は地元でも有数の“おバカ”たちが通う廃校寸前の霞野工業高校(通称・カス高)に転校してくる帰国子女。幼少期の体験からヤンキーに憧れ、海外で過ごしながらも、日本のヤンキー漫画に影響を受け「気合」「根性」「男気」などのスピリットを己の血肉とし、男気あふれる青年として成長。
高校3年の一年間を日本で過ごすため帰国し、幼少期に憧れたヤンキーがいた高校(カス高)に転校。「カス高に行き、てっぺんを取る!」と意気込む尚弥だが、憧れていたいわゆる「ヤンキー」は日本から姿を消し、そこにいたのはいわゆるマイルドヤンキーたちだった。絶望する尚弥だが、そんな彼が出会ったのが“水球”だった。「水球とは、なんでもアリの、水中の格闘技」。そのことを知り、ライバル校の水蘭高校の強敵・北島虎雄(きたじまとらお)に水球勝負を挑むが、敗れ、彼は心に誓う。「ミズタマ(水球)であいつに勝ち、てっぺんを取ってやる!」と。時代遅れのヤンキーに憧れ、まわりのマイルドヤンキーたちと衝突しながらも仲間と共に水球に打ち込む。スポ根あり、友情あり、恋愛あり、ヤンキーありという青春群像ストーリー。