時計屋の娘

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

久しぶりの清純派役だったみたいですね。
同日再放送した「悪女について」は見たのですが、こちらはまだ見ていません。

時計屋の娘 BDラベル
時計屋の娘 DVDラベル

ラベル製作時間:2時間半

背景画像を違和感なく引き伸ばしたり、ロゴを横書きにしたり、写真の色味を背景に合わせたり、結構手間をかけてしまいました。最近、色味を合わせる機能の使い方がだんだん分かってきたので、これからは多用するかもしれません。
番組的にはどうかわかりませんが、ラベルは結構良い感じに出来たと思っています。

番組紹介

地方にある時計屋を舞台に、時計職人・秋山守一とその前に突然現れた若い娘・宮原リョウとの心の交流を描く。

リョウはかつての秋山の恋人の娘だといい、二人が本当の父娘なのかという謎を残しつつ、次第に心を通わせていく。また、物語が進みながら若き日の秋山とリョウの母親・知花子との恋の行方も明らかに。二人の出会いと別れが切なく綴られていく。
秋山が生活する町内と、リョウが母親と暮らしていた石巻、両方の土地にそれぞれ聳える欅の木が、人々の心の支えになっている。二本の欅が優しく人々を見守り、登場人物たちの希望と復興の象徴として印象深く描かれる。