サイト更新休止中 〜気が向いた時のみ更新〜

DREAMS COME TRUE 裏ドリワンダーランド 2012/2013

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

久々のアップとなりましたが、ドリカムをどうぞ!
バージョン1については少し柔らかな感じにエフェクトをかけてみた。どうでしょう?

○バージョン1

ドリカム ウラワン BD1
ドリカム ウラワン DVD1

○バージョン2

ドリカム ウラワン BD2
ドリカム ウラワン DVD2

○バージョン3

ドリカム ウラワン BD3
ドリカム ウラワン DVD3

番組紹介

2012年10月よりスタートした「裏」ドリワンダーランド(通称ウラワン)から、12月に行なわれた横浜アリーナの模様をお届けする。隠れた名曲と出会えるライブだ。

1989年のデビュー以来、誰もが知る名曲「LOVE LOVE LOVE」「未来予想図」「何度でも」ほか、数え切れない数々のヒット曲を世に送り出し続ける、世代を超えて日本の音楽シーンを代表するポップバンド、それがDREAMS COME TRUEである。昨年秋、映画主題歌である「愛して笑ってうれしくて涙して」を配信リリースし、ライヴ会場ではツアーキャラクターのキーホルダーにこの楽曲のCDが付いた前代未聞のオリジナルグッズを販売し、話題を呼んだ。
DREAMS COME TRUEといえば、アルバムツアーとは別に、4年に一度開催される「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND(ドリカムワンダーランド)」が有名だが、このライヴはファンからのリクエストをもとに選曲されるグレイテストヒッツライヴで、毎回趣向を凝らした斬新な演出と圧倒的なライヴパフォーマンスが話題を呼び、日本において最も人気の高いコンサートの代表格となっている。2011年には6回目となる「ドリカムワンダーランド」を開催、全国40万人を動員した。
 そんな「表」(DWL)の興奮冷めやらぬ中、「裏」ドリワンダーランド(通称ウラワン)が、2012年10月よりスタート、このライヴはファンの間ではマニアックな人気の高さを誇る、ファンにはたまらない裏ベストライヴとなっている。普段ライヴで演奏することの少ない、隠れた名曲を中心に構成されているもので、「久々にやる曲が多くて、楽しくてしょうがない!」と吉田美和が声を弾ませるほど。今回のウラワンはさらにパワーアップし、全国32公演30万人を動員してのアリーナツアーとなる。そんなウラワンの中から12月23日に行われた横浜アリーナ公演の模様を、WOWOWで3月にオンエアすることが決定! 
ドリの幅広い音楽性を楽しめることはもちろん、隠れた名曲との出会いになるであろうこのライヴ。今なお進化を続ける、DREAMS COME TRUEのさらなる魅力をWOWOWの番組で体感していただきたい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (10件)

  • 裏ドリのラベルを探していたところ、御ラベルを見つけました。
    映像、レイアウト共に大変綺麗で一目で気に入ってしまいました。
    WOWOWは貴重なLiveが放送されるので頻繁にチェックしていますが
    いつもラベルで困っていました。
    今回、偶然ですが完成度の高いラベルを見つけることが出来て非常に
    幸運だったと思います。また、使わせて下さいね。ありがとうございます。

    • inoba16さん
      コメントありがとうございました。
      WOWOWのライブはできるだけラベルを作っていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いします!

  •  見つけたラベルの中で1番高画質で綺麗に作っておられびっくりですが。
     DVDラベルの場合、商品が2枚構成の為、可能ならDisc1、Disc2と表示が欲しいです。

     素人が自分で画像処理するよりプロにお任せし 表示して戴きたく・・・・。

    • カズさま
      コメントありがとうございました。
      カズさんと同様の意見は頂いているのですが、いくつかの理由からナンバーは振らないことにしています。

      1.TV番組の録画を前提としている
      昨年の著作権法改正によって、リッピングが違法(個人的な思いはいろいろとありますが..)となったので、市販DVDソフトを前提としたラベルは作っていません。
      他のラベルを作っている方は、市販ソフトと同じように「DVD-VIDEO」「日本市場向」などのロゴを入れていますが、同様の理由からこのようなロゴも入れていません。
      2.録画モード(ビットレート)や録画時間によって必要なBDやDVDの枚数は変わってしまう
      録画の仕方は人によって千差万別なのでナンバーをいくつまで用意すれば良いかわからない。ドラマなどは、本当はサブタイトルも入れたいのですが、どこで分割されるかわからないので入れることができません。
      3.HPを管理する上で面倒
      これが最大の理由かもしれませんが、ナンバーを6ぐらいまで振ること(ナンバーなしを入れて7個)を前提に、3種類のラベルを作ると、BDとDVD合わせて膨大な数(7*3*2)を用意しなければならないことに加え、現状のHPのレイアウト構成に支障を来たし大幅に変更する必要があること。ナンバーを丁寧に入れて提供している方をみると、正直えらいなあと思います。面倒臭がり屋なものですみません。

      このサイトを立ち上げる前に、いろいろな方が作成したラベルを私自身が利用していたのですが、ナンバーやロゴがむしろ邪魔になることが多かったので、当サイトのラベルはできるだけ汎用性を持たせようと考えています。
      「二次加工禁止」などを謳っている方もいますが、当サイトのラベルはナンバーやロゴなど好きに入れていただいて構いません。
      ご理解頂くようお願いいたします。

    • パンダさま
      欲しい画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」を選ぶか、左クリックして別ウインドウで開かれた画面の左上にある「下向き矢印(一番したのボタン)」を押して下さい。

  • こんばんは。
    “BD版 バージョン2”DLさせていただきました。
    彼女の歌声、本当に大好きです(私の中で、女性歌手NO.1!)。
    一番でいただきます。ありがとうございました。

    • yukinkoさん
      こんばんわ!
      私も自分のラベルはバージョン2で印刷しました。
      バージョン2も当初はエフェクトをかけていたのですが、家族の評判が悪く差し替えました。あまり、技に溺れない方が良いのかもしれません。

コメントする

目次
閉じる