私という運命について

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

主人公の年代が自分と同じということもあり、時代背景が懐かしく興味深く観ています。
2回目以降の放送が楽しみです。

私という運命について WOWOW BDラベル
私という運命について 連続ドラマW BDラベル
私という運命について WOWOW DVDラベル

ラベル製作時間:1時間30分

基本的には2枚の写真を上下に合成したシンプルなものですが、バランス良くレイアウトしようとすると江口洋介さんの頭が欠けてしまうので、髪の毛を書き足しています。

番組紹介

直木賞作家、白石一文の初映像化!
激動の10年を生き抜いた美しくも過酷な大人達の運命を描いた感動のヒューマンラブストーリー

「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で山本周五郎賞を、「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞した白石一文の名作「私という運命について」がドラマ化される。
本作は、バブル崩壊後の激動の時代を生き抜いた主人公・亜紀と、数奇な運命をともにした人々の人生を描いた感動のヒューマンラブストーリー。その間には、2001年のアメリカ同時多発テロ、2004年の新潟県中越地震といった、さまざまな歴史的出来事が巻き起こる。激動の時代の中で亜紀は、美しくも過酷な運命を自らの意思で切り開いていけるのか。
主人公・亜紀を演じる永作博美のほか、江口洋介、池内博之、三浦貴大、太田莉菜、藤澤恵麻、塩見三省、森山良子、宮本信子ら充実のキャストがラインナップ。また、脚本には連続テレビ小説「おひさま」などを手掛けた岡田惠和、監督は『脳男』などのメガホンをとった瀧本智行と、豪華スタッフ陣がそろう。同時代を生きた人々の心に響き渡る感動作だ。