ゼロの真実 ~監察医・松本真央~

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

レイアウトにちょっと苦労しましたが、なかなかイイ感じに仕上がったと思っています。どうでしょうか?

ゼロの真実 監察医・松本真央 Blu-ray BDラベル
ゼロの真実 監察医・松本真央 DVDラベル

番組紹介

死の謎に挑む孤高の天才監察医の活躍と法医学の現実を鋭く描く医療ミステリー

監察医務院。そこは、人間が受ける最後の医療現場。急性死、事故死、自殺など、すべての不自然死の行政解剖を行う場所である。日本の現状は、異常死体の平均解剖率だけを見ても、欧米よりもはるかに下回る水準。慢性的に人手が不足し、多くの事件を見過ごしている可能性が指摘されている-。
そんな厳しい現状の中、新人監察医として法医学の世界に飛び込んでいくことになるのが、武井咲演じる主人公・松本真央。彼女は、IQ150の頭脳と類まれな監察眼を併せ持ち、アメリカでの飛び級を経て、若くして監察医となった才女。しかし、異性にも、オシャレにも、出世や名誉にも頓着せず、唯一興味を示すのは、遺体の検案・解剖のみという変わり者。彼女は、様々な事情で命を落とした遺体と向き合い、声なき声を聞くことで、隠された真実を解き明かしていくことになる。
真央を取り巻く登場人物も多彩。真矢みき演じるベテラン監察医・印田恭子は、人脈や経験を駆使して真相に迫るいっぽう、私生活は謎のベールに包まれているミステリアスな女性。真央に対しても、時に挑むような、時にサポートするような素振りを見せ、予測不能の言動を取る。そのほか、監察医を手駒のように扱う警視庁捜査一課の刑事・屋敷役に佐々木蔵之介、野心家の部長監察医・泉澤に生瀬勝久、真央が度々面会に訪れる謎の死刑囚・小杉に橋爪功と、個性的なキャストが集結。監察医務をテーマに、スリリングな謎解きと多重構造の群像劇を描きながら、法医学の現実に鋭く切り込んでいく。多彩な魅力を持つまったく新しい法医学ドラマが、ここに誕生する!