BBC EARTH 2014 スモール・プラネット ~小さな仲間の物語~

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

今回のシリーズは、まるでCGと思われる画像で美しく見応え十分でした。
撮影技術に感動したので、3話分のラベルを作成しました。

BBC EARTH 2014 スモールプラネット 小さな仲間の物語 BDラベル
BBC EARTH 2014 スモールプラネット 第1話 BDラベル
BBC_Small_Planet-DVD1

BBC EARTH 2014 スモールプラネット 第2話 BDラベル
BBC EARTH 2014 スモールプラネット 第2話 DVDラベル

BBC EARTH 2014 スモールプラネット 第3話 BDラベル
BBC EARTH 2014 スモールプラネット 第3話 DVDラベル

ラベル製作時間:3時間

BBC EARTH 2014のロゴが取得出来なかったで、似たようなフォントを探すのに時間がかかりました。

番組紹介

小さな動物・虫の視点から見た世界を映し出す斬新な作品。
どれも30cm以下の小さな生き物ばかりを80種以上も撮影。特殊効果を駆使し、斬新な手法で小さな世界を再現。

英国BBC製作の世界最高峰ネイチャー・ドキュメンタリー「BBC EARTH」。今年も5~11月、全7シリーズ(予定)にわたってお送りする“BBC EARTH 2014”がいよいよスタート。昨年に引き続き、ナビゲーターは井川遥。
5月5日のこどもの日に放送する第1弾は、小さな生物たちが暮らす世界を、彼らと同じような地面すれすれの視点から表現したユニークな秀作。いずれも体長が30cmに満たない、小さな生き物生態を根気よく撮影。製作期間は2年以上、登場する生き物の数は80種を超える。彼らの世界では、木から落ちてくるドングリはさながら隕石、雨が地面を這うと彼らにとっては津波のような波しぶきと化す。小さな世界ならではの想像を超えた生活や冒険を再現すべく、BBCのドキュメンタリーとしては斬新な手法をとり、ブルーバックや特殊効果を駆使しながら、徹底的にリアルに再現することに挑んだ。世界は小さくても大きな生命力に満ちた、小動物や虫の世界をエンターテインメント性豊かに描き、家族そろって楽しめる。第3回では日本の東京を舞台にカブトムシが登場。

<内容>

  • 第1回「ミニミニ大作戦」
    小さな動物たちの世界を最新技術で再現する。最初にスポットを当てるのは、東アフリカのサバンナで生きるセンギことハネジネズミ。母親を亡くしたメスだ。彼女は生きるため複雑な通路を作り、食べ物を獲ったり敵から逃れるためにその通路を利用しているのだが……。一方、アメリカ、アリゾナ州のソノラ砂漠。そこに暮らすバッタネズミのオスは家族と暮らす家から出て、冒険に出ることにする。
  • 第2回「秘密の森」
    北アメリカの森と、ボルネオのジャングルの小さな動物たちを取り上げる。北アメリカの森は秋。若いシマリスのオスが木の実を拾ってストックし、冬支度をしていたが、ほとんどを盗まれてしまった。再び木の実を集めなおそうとするが……。ボルネオのジャングルではメスのツパイが食料としていた果物の木をオランウータンたちが食べ尽くしたため、彼女は別の果物の木を探そうと冒険の旅に出る。
  • 第3回「コンクリート・ジャングル」
    小さな動物によるスモール・プラネットは、都会の片隅にも存在する。まずは騒がしいリオ・デ・ジャネイロの街に棲むマーモセット。彼らは家族で行動し、電線を渡って街を行き来する。あるとき、一家の若いオスが家族とはぐれてしまい……。一方、ネオン輝く東京のカブトムシ。彼は仲間との相撲で無敵だったが、ある日ついに敗北を。居場所を求めて夜の東京をさまようことに。だが都会の夜の空は敵でいっぱいだった。