復活 尾崎豊 YOKOHAMA ARENA 1991.5.20

☜ 気に入ったら押してください!(カウントするだけなのでご安心下さい)

90分で12曲ということは、一曲がかなり長いということですね。これからじっくり聞いてみようと思います。

横浜アリーナ WOWOW BDラベル
横浜アリーナ WOWOW DVDラベル

ラベル製作時間:2時間

元々がハイビジョンではないので、キャプチャーした画像はどれも画質が悪く使い物になりませんでした。同日放送された「THE DAY」の中でLive画像が紹介されていたので、そちらをキャプチャーして使いました。それでも画質的にはイマイチです。

番組紹介

1992年に26歳の若さで他界した後も多くの人々に影響を与え続けるミュージシャン尾崎豊。伝説のラストツアー「BIRTHツアー」初日公演の模様を映画化し放送。

昨年期間限定で劇場公開された横浜アリーナライブをテレビ初放送。
パーソナルオフィスを設立し、20代後半となり成熟した新しい尾崎豊が約3年ぶりにステージに立った記念すべき復活ライブ。
前年発表したアルバム『誕生』を引っ提げたBIRTHツアーの初日、久しぶりにファンの前に姿を見せた彼を観衆は熱狂と興奮で迎え入れた。
極度の緊張と不安を抱えながら登場した彼は、その緊張と不安を加速させロックンロールに転化=点火してみせた。2枚組のアルバム『誕生』は、彼のさまざま想いを作品として結実させた大作だったが、尾崎はこのライブで新旧織り交ぜたナンバーを魂の限り歌い観衆に語りかけ、自らの想いを伝えようとした。
「成長すること」「愛すること」そして「生きること」。尾崎のライブは常に、彼の人生そのものが表現されていた。だからこそ、尾崎のライブは伝説として語り継がれている。そして、この日のライブはそのひとつの到達点だったのだろう。色褪せることのない尾崎豊のライブ=彼の人生そのものを目撃して欲しい。